タグ別アーカイブ: Island Gallery

少し早い夏休み気分

気がついたら「さおたんのしっぽ」久しぶりの更新になってしまいました。祖父の家に居候をしたりと、バタバタしていていつの間にか6月も中旬、あと少しで今年も半分終了ですね。どんどんと時が流れていくのが早くなっている気がします。

さて、私のお仕事先であるIsland Gallery「名嘉睦稔さやぐ向日葵展」が明日から始まります。展示替えをしてふとギャラリーを見渡すと、畳1枚サイズめいいっぱいに描かれた向日葵たちが力強く咲き誇っていて、見ていると元気が出てきました。そして、小学校の頃に校庭に咲いていた大きい向日葵を思い出して、少し早い夏休みみたいな気分を味わいました。
 
ボクネン作品の場を変えてしまうエネルギーはやっぱりすごいな。他にも、珊瑚の産卵の幻想的な海の中、海人に恋心を寄せる人魚を描いた「人魚の恋」など素敵な作品を展示しています。ギャラリー内は一足早い夏のようです。あ、今夜あたり海では珊瑚の産卵が始まってるのかな!?

名嘉睦稔 さやぐ向日葵展
6月16日(木)~25日(土)※日曜休廊
OPEN / 11:00-19:00
Island Gallery 東京都中央区京橋1-5-5 B1
tel:03-3517-2125
日曜休廊・入場無料

+海森彩生写真展 / 明治神宮文化館宝物展示室 
写真一般公募を開始しました。皆様ご自慢の一枚をお待ちしてます♪

思い描いていた企画が動き始めた

東日本大震災から一ヶ月。。。早いような長いような。昨日もまた余震があり、あの時の恐怖が蘇ってきました。それでも、心にそれぞれの思いを秘め、何事もなかったかのように人々は家から仕事へ向かいます。戻れるのなら、3月11日より前に時を戻したい。。そんな風に思うけど、この震災を機に気がついた面もあります。以前より世の中に敏感になり、情報を集め脳を使って思考するようになりました。あのまま生活していたら、流される日々だったと思います。

さて、震災直後から私が密かに叶えたいと思っていたこと。。
それは、映画「地球交響曲」第四番の上映会と龍村仁監督のお話会を開くという事です。私は元来ガイアシンフォニーマニアですが、この震災で改めて私の心を一番励ましてくれたのは「地球交響曲」でした。普段は忙しくてなかなかDVDを見れていなかったのですが、ぽっかり時間が空いて久しぶりに見てみたら映画の中で出演者が話している内容は、まさに私が今必要としている言葉でした。そして身体もほぐれ、前に進んで行こうという気持ちになれました。

だから、これはこのタイミングで皆にも見てもらいたいなと思って、上映会するのにどこで会場借りようとか誰に手伝ってもらおうとか考えてたけど、私が働いてるIsland Galleryにプロジェクターも椅子もあるなと思ったのです。といっても・・いつか出来ればいいなと思っていたのですが、ふいにチャンスがやってきて開催できる運びとなりました。しかも、前からやりたかった名嘉睦稔「地球交響曲展」も開催!そして、龍村監督のトークが二回もあります。想像していたよりも面白い事になっています。余震が続いていたりとまだまだ大変な時期ですが、来週4月16日(土)29日(金・祝)18:00~となります。もしご都合宜しければぜひ来てください。一緒に時間を共有できたら嬉しいです。
 
 
【次回予告】名嘉睦稔「地球交響曲展」4/16(土)~
4月16日(土)~30日(土) ※会期中無休

OPEN / 11:00-19:00
Island Gallery

[龍村仁監督トークイベント]
4月16日(土) 18:00-20:00 / 29日(金・祝) 18:00-20:00
限 定:各30名様(※要予約)

 

Choji 『アートの力~いちゃりばチャリティー!~』

震災から二週間。早いような長いような。。。ずっとあの一日が続いているような感じもします。今も困難な状況にいる方たちを思うと、胸が痛いです。私は最初はかなりびびってましたが、今では暗い街にも余震にもだいぶ慣れました。しかし、日々流れてくるどの情報を信じればいいのか悩みます。全ては自分の選択で決まるので、試されている気がします。ここ東京でも不穏な空気が漂っていますが、そんな泣きごとは言ってられません!今こそアートの力が試される時だと思っています。

復興に向けての一歩として、仕事を通常通りこなすことが大切だと思い展覧会を企画しました。私たちも商売を続けていかないといけないので、売上の全額寄付という事まではできないのですが、今回だけ特別に10%Offで作品を販売します。そしてその売上の10%をThink the Earthプロジェクト / Think the Earth基金へ寄付します。

本展ではこの企画に賛同してくれた写真家Chojiが沖縄で撮影した作品を展示します。この作品は「hajimari」というタイトルの久米島で撮影された作品です。こんな時だからこそ、心をふっと和ませてくれるアートを部屋に飾ってみてはどうでしょうか。展覧会のタイトルはChojiさんの提案です。とっても素敵です。「いちゃりば」とは沖縄の言葉で「さーみんなで!」という意味なのです。この企画、途中まではちゃんと練ってたけど最後は昨晩から一気にギャラリースタッフがそれぞれの仕事をしっかりして決まっていった感じです。一人だとできる事は限られているけど、こういう時こそチームですね。明日からがんばるぞ。

 
+++
 
Choji『アートの力~いちゃりばチャリティー!~』

3月26日(土)~31日(木) ※日曜休廊
OPEN / 11:00-19:00
Island Gallery 東京都中央区京橋1-5-5 B1
tel:03-3517-2125
 
【作家来場】
3月26日(土) 17:00-18:00

【寄付先】
Think the Earthプロジェクト / Think the Earth基金
 
+Choji プロフィール

アート漬けな日々


Island Time展が盛況のうちに終了しました。久しぶりの企画展、しかも最多展示数という事でドキドキしてましたが無事に終わってほっとしました。ご来廊頂いた皆様、ありがとうございました。

改めまして、私はIsland Galleryの店長です。そして、アートの一ファンでもあります。ギャラリーに入ったきっかけは、木版画家の名嘉睦稔です。女子美術大学に通っていた頃、地球交響曲第四番を見て名嘉睦稔を知りギャラリーに作品を見に行っていました。当時、デザイナー志望だったのですがナガオカケンメイ先生の授業で「24時間365日デザインの事を考えられなければ、デザイナーにはなれない。。。」という衝撃的な話を聞き、進路を変更し大学卒業後はアートでやって行こうなんて思っていました。だからといって、いきなりアーチストになれるワケでもなく、今のボスに拾われて、気がつけばスタッフになって5年経ちました。確かにギャラリーの事、アートの事は24時間・365日考えない時はないから仕事ができてるんだろうな。大変な事もあるけど、仕事と趣味が共存しているなんてラッキーな人生です。12歳から美術を学び始め、もう15年間もアート漬けな日々なのね。そろそろいい塩梅なはず。

さて、明日からは常設展示のギャラリーです。と言ってものんびりしてるワケではありません♪また次なる企画へ向けて大急ぎで動き始めますので、どうぞお楽しみに。
 
 
+Island Gallery 

+ひでおちゃんねる

島にゆったりと流れる特別な時間 / Island Time

沖縄の木版画家・名嘉睦稔のアトリエから素敵な作品が到着しました。新作が届くのは久しぶりでドキドキしながらのご対面。タイトルは「夜空の路」キラキラと輝く星宙の中を旅する渡り鳥が抽象的に描かれている素敵な作品です。しかも、横に細長い初めてのサイズで制作された冒険作なのでとくに新鮮に感じます。私が勤めるギャラリーで来週から始まる展覧会のメイン作品です。

伊是名島で育った名嘉睦稔は、少年の頃に夜遅く上空を渡り鳥が飛んでいるのを目撃したのだそうです。きっと、その頃の気持ちを描いた作品なのではないでしょうか。。。よく見ていると、神様の目線で描かれているような気がしてくるから不思議です。

Island Time = 島の時間

忘れがちな本来の地球時間。島に行くとゆったりとした時の流れを思い出してほっとします。そんな感覚を大都会にあるIsland Galleryで感じてもらえたらいいな、と思ってこの展覧会タイトルにしました。先日いらしたお客様は小さなお子さんを預けてわざわざ来てくださり「ギャラリーでゆっくりアート鑑賞ができて嬉しい、良いリフレッシュになりました!」とおっしゃって下さいました。そのさっぱりした笑顔を見てアートの持つ力を感じました。私もいつかそんな作品が作れたらいいなと思いつつ、今は多くの方に素晴らしいアーチストの作品を見てもらえるように日々勉強中です。

+++

Island Time展 / Island Galleryリニューアル1周年記念
2月11日(金・祝)~20日(日) 会期中無休 / 11:00-19:00
Island Gallery(東京都中央区京橋1-5-5 B1)