タグ別アーカイブ: Canon

桃の花で天然カラーセラピー Natural peach color therapy 

好きな色「桃色」服もペンもカバンも。。。うっかりすると全部この色になってしまうので注意が必要なほど大好きなので、まさにそのまんまの色をまとっている桃の花々を見ているだけで幸せな気分になってきます。
 
こちらは奈良の宇陀市にある有名な滝桜・又兵衛桜を見に行った際に撮影した写真で、時既に遅しで桜はほとんど散っていたのですが、ラッキーな事にすぐお隣の桃の花がちょうど満開で堪能してきました。

きっと人にはそれぞれ、パワーを与えてくれる色があるんだろうな。自然の中から元気をもらう。これぞまさに天然カラーセラピーだわ。
 
 

▼さおたんのしっぽ
+人生の100のリストの一つ、憧れの奈良・長谷寺へお参り。
+世の中はなんて美しいんだろう。。SIGMA DP1xの魅力にすっかりはまる。
+再び!桜で有名な吉野山奥千本へ挑戦してきました。

▼ひでおちゃんねる
+Stars and Clouds and Cherry Matabe / 雲と星と又兵衛桜
+Corridor of Hase-dera Temple / 長谷寺の登廊
+Mt Yoshino Storm is Gone / 荒天去った吉野山

▼Island Sound
+八重山 ~神々が集う場所~
+出羽三山 ~神さまの通り道~

人生の100のリストの一つ、憧れの奈良・長谷寺へお参り。

先日お会いする事ができたロバート・ハリス氏の著書「人生の100のリスト」に若き頃に触発されて作ったリストの一つが「長谷寺へ行って十一面観音に会う」だったので、いつか行きたいなと願っていたのですが。。。ふと時間ができた今回のロケ中に訪れる事ができました。
 
長谷寺は私が勝手に想像していたより全てがすごかったです。まず入ってすぐの長くどこまでも続くような登廊に驚き、へとへとになり、その後に出会えた巨大な十一面観音の荘厳な事。。なんでも願いが叶いそうな気になりました。

そして、その後に現れたせり出している舞台からの奈良の美しい眺め、五重塔。。。歩くごとに変わる風景は、もちろん、桜、新緑、紅葉。。。と季節ごとの魅力もあり、古来の人によって計算されつくされてるなーと感動しました。奈良の山奥のわりと行きづらい場所だからか昔からの姿がきっとちゃんと残っているんだろうな。また紅葉の時期にも行きたいな。
 

 
▼さおたんのしっぽ
+世の中はなんて美しいんだろう。。SIGMA DP1xの魅力にすっかりはまる。
+再び!桜で有名な吉野山奥千本へ挑戦してきました。

▼ひでおちゃんねる
+Lake of Silence / 静寂の湖
+Corridor of Hase-dera Temple / 長谷寺の登廊
+Mt Yoshino Storm is Gone / 荒天去った吉野山

▼Island Sound
+八重山 ~神々が集う場所~
+出羽三山 ~神さまの通り道~

奈良吉野山にて、桜の幻想的な世界に浸る。

 
まるで夢のような憧れをもって人々が「よしの」と呼ぶ、見事な桜の数々で有名な奈良県の吉野山へ行って来ました。今回もお仲間のJINさんにCanon EOS 5D Mark IIとレンズを貸出して頂いて撮影してきました。私のメインはIsland Soundチームとしての自然音収録ですが、こちらはまだ公開できないので先に写真をアップしていきますね。

このあたりの山一体は修験道の霊場で信仰の御神木の献木として桜が植えられているということで、普通の街路樹とかとは違った圧倒的なパワーが漂っていました。特に太陽が昇るこの瞬間は厳かな雰囲気で感動しました。
 
残念ながら今年は咲くのが遅いそうで、4月12日の時点でまだ下千本が七分咲きといった感じでした。満開の頃にまた行けたらいいな。
 

▼ひでおちゃんねる
+Morning Mist / 高城山展望台 / 吉野山
+Daybreak of Seven Colors / 七色の夜明け / 吉野山下千本桜
+Dawn of the Forest / 森の夜明け / 吉野山
 
▼Island Sound

 

run run run!

 

「待て~い!」「ココまでおいで♪」

こんな会話が聞こえて来そうです。
北海道の美瑛で出会ったワンコは東京からやって来たニンゲンに興味津々。素敵な自然音が流れていないか、散策に出かけるまっちゃんのお供に向かったと思いきや。。。満面の笑みで全力疾走して戻ってきた!?
ツライお仕事のはずなのになんだか楽しそうだなぁ。

【さおたんのしっぽ 北海道編】
+キミはひょっとして、北海道犬!?
+侘び寂びの世界
+究極の自然音を求めて北海道へ

Island Soundメンバー】

▼ひでおちゃんねる

▼まっちゃん酢

光溢れる世界

 
三寒四温の日々。春が待ち遠しい今日この頃です。
さて、本日はお休みだったので、眼科へ行ってきました。ここ最近目が見えづらい感じがしてたので、久しぶりに裸眼で測ってみたら測定表の一番上しか見えなくなっててショック!あんなに小さな文字の下の方まで普通に見えてたのが奇跡のように感じます。
 
という事で、コンタクトの度数を強くしたらあら不思議、よく見えるだけでなく世界が光輝いて眩しいくらいなのです。世の中ってこんなんだっけ?となんだか違う世界へ来てしまったような新鮮な気さえします。すれ違う人の顔もよく見えて、地元を歩いてみたら小さい頃からよくすれ違う懐かしい人の顔が認識できました。。。あれ、どれだけ見えてなかったんだろう。明日から少し違う世界が始まりそうです。

そういえば、田中長徳先生のモノクロ写真を見ていると光を感じます。その強力な光によって引き出される闇がまた美しいのです。絵も基本で叩き込まれるのは光についてだったな。色も光があるから認識できるわけだし。。。太陽はアートにも影響を与え、それだけでなく生命の源ですもんね、すごい存在だな。