タグ別アーカイブ: 青森

秋へと続く階段 / Stairs leading to the fall

Island Galleryでの充実した日々で、いつの間にか東京では秋の紅葉シーズンがもうすぐ到来です。
 
自然が作り出すカラフルな世界が好きな私としては東京が華やぐので嬉しい季節です。こちらは青森の青池近くでSIGMA DP2 Merrillで撮影しました。
 
そして、この季節になるとどうしても京都へ行きたくてうずうずしてしまいます。季節病か習慣か。。いや、銀座線の渋谷駅にJR東海「そうだ 京都、行こう。」のポスターが大きく貼られるのが原因な気もします。

青森で出会った紅葉銀河 / Galaxy of foliage

ボージョレー・ヌーヴォー解禁日でしたね。赤ワインで乾杯しましたか?私はお酒が美味しくておつまみも進んでしまい、只今お腹いっぱいになって反省中です。

さて、青森での紅葉写真がまだ沢山あるのでどんどんアップしますね。
こちらは青森の蔦沼散策で出会った風景です。目の前に広がる紅葉した大自然に目と心を奪われながら、ふと足元を見るとそこにも紅葉銀河が広がっていました。切り取ってみたら、なんだかまるで天の川みたいですよね。

+SIGMA DP1 Merrill

+National Geographic PHOTO CONEST 2012へ参戦してみました♪

National Geographic PHOTO CONEST 2012へ参戦してみました♪

National Geographicといえば有名な雑誌ですが、私にとっては密かに10年以上前の高校生の頃から好きだった雑誌です。最初はハワイの本屋さんでの出会い。。こんなにキレイな写真が沢山載っている雑誌があるんだと手に取りドキドキしながらページをめくりました。ちょっと怖いページがあるのもNational Geographicの魅力です。初めて買ったのはヒョウが表紙の号でした。

当時、周りで知っている人が誰もいなかったので、女子美の図書館で見つけ誰かが読む前に一番最初に雑誌をめくってぱっきっと音がするのが密かな楽しみでした。どこで手に入れていいのか分からず、日本版もなかったと思うので気に入ったページはカラーコピーしていました。今でも大切にとってあります。

実はあんまり話したことはないのですが、在学中の作品はNational Geographicで出会った印象的な写真からインスピレーションを得た作品が沢山あります。ヒョウの目の周りの文様の形をしたペーパーナイフ。雲海の写真のイメージで描いた絵なんかもあります。美しい色をした鳥の写真、滑走路を走る飛行機の光跡、アーチーズの奇妙な造形の大自然の写真、カラフルな刺繍をした民族衣装をまとった砂漠に立つ女性の写真など、まだ見ぬ遠い国の世界が私を刺激して、作品へのインスピレーションを沢山与えてくれました。

そんな個人的に勝手にアツイ思いがつまったNational Geographicのフォトコンテストに自分が応募するなんて!信じられないのですが、参加できるだけでも本当に嬉しいです。青森でSIGMA DP1 merrillで撮影した美しい紅葉の写真を応募してみました。よかったら見てみてくださいね。

▼National Geographic PHOTO CONEST 2012
Enjoying the fall foliage trees by SAORI ANZAI

Two worlds beautiful / 青森県蔦沼 美しい二つの世界

11月に入って急に寒さが増してきましたね。手袋を早くも使ってる私です。
さて、突然ですがボスの撮影に同行して青森県まで遠征してきました。今回は往復とも車という事もあり走行距離は2,000Km!充実した三日間のカメラ三昧でした。少しづつアップしていきたいと思います。

こちらは山奥にも関わらず、早朝に50名程のカメラマンが紅葉ショットを狙いにやってきていた青森の蔦沼です。日本ならではの繊細な美しい世界に息を飲みました。多くのカメラマンの心をつかむ理由が分かりました。連日通っている地元の方もいらっしゃいました。すごい情熱ですね。もちろん、SIGMA DP2 Merrillでの撮影です。細かい描写力に感激も二倍でした。

▼ひでおちゃんねる
+Illuminated by The Morning Sun / 朝日に照らされて
+Capillaries in the forest / 森の毛細血管
+Glow of Late Autumn / 晩秋の輝き