タグ別アーカイブ: 旅

SIGMA dp2 Quattro 生まれ故郷への旅

雪の会津で幸せな旅をしてきました。私の作品制作に欠かせない大切なカメラ「SIGMA dp2 Quattro」の生まれ故郷である、SIGMA会津工場を訪ねる旅です。SIGMAさんとの出会いは初めての一眼レフカメラを使っていた時に使用したレンズです。今はすっかりDPばかりですが、CANON EOS KISS X2に確かSIGMA 17-70mmだったかしら、SIGMA 30mm F1.4も好きで楽しく使っていました。まさかそれからSIGMAの山木社長とお会いして、会津工場を訪ねる事ができるとは夢のようです。

そして、なんと今回は「やまけんの出張食い倒れ日記」のやまけんさんIsland Galleryひでおさんとの三人旅でした。2日間とは思えない濃い旅をこれからご紹介したいと思います。

こちらは立ち寄った裏磐梯の五色沼です。春にはまたどんな色を見せてくれるのでしょうか。またぜひ訪れたいです。

+SIGMA dp2 Quattro

SIGMA|株式会社シグマ

やまけんの出張食い倒れ日記
あの素晴らしき変態レンズ&カメラメーカーSIGMAの会津工場にどっぷり潜入し、美人担当者がプロデュースする社員食堂で腹一杯いただき、そしてレンズとカメラがほぼ内製で誇らしく出来上がってゆく光景を見た! その1

Quiet moment / 静かなひと時

6月を目の前にして、既に初夏のような陽気の日本。スペインのこんな中庭で過ごす時間は、ひんやりとして居心地が良いんだろうな。

パウロ・コエーリョの「星の巡礼」という本を読んでから憧れのサンチャゴの巡礼道にいつか行けたのなら、こんな場所でこの本をぜひ読みたい。

+SIGMA DP3 Merrill

Nature is the mother of art. / 自然はアートのお母さん

ガウディー建築のカサ・バトリョにて、念願かなって出会えたこの照明。海をテーマに作られているこの建物は殆どが流線型でできている。はるか昔にレポートを出した時の記憶を辿ると、この渦巻きは巻き貝が発想の元になっていたはず。この照明はイソギンチャクかな?面白い形です。
アーティストに閃きを与える自然はアートの母だと思います。

さて、Island Galleryではアートの母である大自然を独自の目線で切り取り発表している、自然写真家・高砂淳二写真展『Light』を開催しています。ボリビアのウユニ潮湖、カナダのオーロラなど、心を刺激する作品をどうぞ見にいらしてくださいね。

高砂淳二写真展 Light自然写真家 高砂淳二写真展『Light』

会 期 3月15日(土)-30日(日)
会 場 Island Gallery
    東京都中央区京橋1-5-5 B1
    03-3517-2125
入場無料 会期中無休 Open 11:00-19:00
協 賛 マルマン株式会社 Canson Infinity
協 力 株式会社ニコンイメージングジャパン

作家来廊 3月21日 13:00より

+SIGMA DP1 Merrill