タグ別アーカイブ: 写真展

明治神宮の森にて、写真家・高砂淳二「いとしの海へ」開催

暑さの厳しい日が続いていますが皆様いかがお過ごしでしょうか。この夏、私はほとんど「海森彩生umimorisaisei写真展」に没頭しています。9月末までの会期なので、そろそろ折り返し地点になりやっと少し?余裕が出てきたような気がします。この写真展を開催している明治神宮は緑の森に囲まれているので、街中より少し涼しく感じます。都会にももっと木陰があったらいいのになと思います。

さて、来週から大人気の自然写真家・高砂淳二さんの展示が始まります。ハワイの夜の虹を撮影した「Night Rainbow」や水中写真で有名なカメラマンです。今回は南の島にあつまる、魚や鳥などの心地良い写真の数々。まるで高砂さんが動物と会話をしながら撮影したかのような写真に心があたたまります。ご本人もとてもあたたかく素敵な方です。ミュージアムトークも8月21日(日)に開催します。いや~楽しみっ♪

▼海森彩生(うみもりさいせい)写真展 / 明治神宮文化館 宝物展示室 
http://umimori.com/

◯現在◯
ゲスト写真家 かわむつ先生こと渡辺昌和 ~8/16
「150年の歴史をもつ川口簗場~中越地震 震度7からの再生」

◯NEXT◯
ゲスト写真家 高砂淳二 8/17~23
「いとしの海へ」

本日もこれから、明治神宮へ。桐島ローランド氏の写真がお待ちしています。

気が付いたら、7月末!?ヒグラシも鳴き出しています。明治神宮での「海森彩生写真展」が始まってからあっという間の日々です。

さて昨日からはゲスト写真家・桐島ローランド氏の写真と公募写真第3弾が展示されています。アフリカ・ルワンダで撮影されたばかりの子どもの写真やミャンマーの写真など20点ほど展示されています。twitterからのご縁で始まった桐島先生の作品展示。。それが昨日の夜には、日頃読んでる朝日新聞に写真展情報が載って個人的に嬉しかったな。
沢山の方に見て頂きたい展覧会です。本日もこれから行ってきます!Photo by 桐島ローランド

 
 

海森彩生写真展 / ゲスト写真家 桐島ローランド
http://umimori.com/2068
会  期 | 7/27(水)~8/2(火)
開館時間 | 9:00-16:30 (入館は閉館の30分前まで・火曜は16:00閉館)
会  場 | 明治神宮文化館宝物展示室
施設維持協力金 | 500円
 
+ミュージアムトーク
日 時:7月31日(日) 14:00~15:00
場 所:明治神宮宝物展示室
料 金:500円(施設維持協力金)
※予約不要
※40席ほど椅子をご用意します。立ち見可。
 
なお、展示作品はアフリカ・ミャンマー・そして個人的に撮影した写真です。
この写真の売上は東日本大震災の復興支援チャリティーとして寄付します。
桐島ローランド

念願の星野道夫氏の写真展「祈りの森・再生」始まりました!

大学生の頃に地球交響曲第三番を見て初めて知った動物写真家の星野道夫さん。それから、彼のほとんどの本を読んでぐぐぐーーっとはまりまして、アラスカへ行って星野さんの生活していた地へ行くのが夢の一つでした。

特に好きな本は「イニュニック」です。アラスカに移り住む話を読むとわくわくします。そして、特に印象的なのは先住民の「雪」を表す言葉が何種類もあるというお話。それだけアラスカでは雪が身近なのですよね。そんなふうに、現地の生活に密着しながら写真を撮っている星野さんが、本当に素敵で憧れの人です。

さて、大人になった私は、別の方向から星野道夫さんと関わる事ができました。それは、写真展を開催するという夢のような出来事です。ドキドキしながら奥様である星野直子さんへ企画のお話をさせて頂いて、ご快諾頂けました。そして、10点の素晴らしい写真の展示が実現しました。展示する写真を選ばせて頂くという幸せなひと時、そしてその写真へ合う言葉を星野直子さんがつけて下さいました。

おととい、明治神宮文化館宝物展示室に特大サイズのアラスカの大自然を切り取られた写真を一般公募写真と共に展示しました。それはそれは素晴らしく、生命の力が写真からはなたれているようで、見ていると涙が出てきそうになりました。そして、大きなものに包まれている気がして元気が出てきました。ぜひ皆に見てもらいたいと思っています。

■■
海森彩生写真展・ゲスト写真家 星野道夫「祈りの森・再生」
 
会  期 | 7/20(水)~7/26(火)
開館時間 | 9:00-16:30 (入館は閉館の30分前まで・火曜は16:00閉館)
会  場 | 明治神宮文化館宝物展示室
施設維持協力金 | 500円
http://umimori.com/1931
  
+関連イベント まだ若干お席に余裕がございます♪
地球交響曲第三番上映 星野直子氏&龍村仁監督 7月24日(日)※要予約
http://umimori.com/category/event/movie
 
 
星野道夫
1952年、千葉県生まれ。第15回木村伊兵衛写真賞受賞。アラスカの動物・自然人々の撮影を続け、多数作品を発表。1996年にヒグマの事故により急逝。
 
イベントで地球交響曲第三番上映会もあります。こちらは予告編です。↓

神さまからのプレゼント

Photo by Hideo Ishijima
 
どこかで会った事あるような。。。見覚えのあるキレイな女性だな。ギャラリーに入ってきた女性が小学校の頃に通っていた塾の友達に似ていたのです。会話から聞こえてきたのはやはり思っていた彼女の名前!思いがけず15年振りの再会となりました。当時、何者でもなかった私達はいつの間にか大人になっていました。塾には楽しかった想い出が沢山あります。すっかり忘れていた記憶が戻り、小学生の頃の自分になっていました。
 
そういえば、阪神大震災が起こった時はその頃でした。卒業式の時に大人達がやたらと自分たちに未来を託して、良い世の中にしてくださいと言っているのに違和感を感じていました。そして、28歳になった今となっては、自分が子供たちを見ると「日本を良くしていってね」なんて思ってるんです・・・これじゃ、いつまで経っても日本は良くならないですよね。いい大人になった私ができる事をしなくては小学生の頃の自分に叱られそうです。
   
さて、私にできる事はやはり「アート」を通しての仕事なんです。現在、夏に明治神宮の宝物展示室でチャリティー写真展を開催するべく企画を進めています。「海森彩生写真展」大きなテーマは「祈り」です。公募写真とゲスト写真家10名による写真展示です。夢だった星野道夫さんの展示も実現します。良い写真展なりそうです。久しぶりに再会した子どもの頃の自分に元気をもらって、また頑張ろうと思います。この明治神宮での写真展はきっと、神さまからのプレゼントなんだろうな。
 
 
▼海森彩生写真展
http://umimori.com/
 
+海森彩生写真展バナーが出来ました。