カテゴリー別アーカイブ: photolog

芸術の秋 / 2019 Art Photography CALENDAR 展 10/1-30

好きな季節、芸術の秋がやってきました。
彩色写真画作品を制作し始めてから3年、いつかカレンダーになったらいいなと夢見ていたところ、嬉しいことにお声かけいただきIsland Galleryプロデュースによる2019年のカレンダーに伊勢で撮影した紅葉の作品「紅の華」を採用していただきました。そして、12か月12人の作家での展覧会が10月いっぱい開催されます。新たに制作したA2サイズの「紅の華」初めての展示となります。各作家の個性輝く、心癒やす美しい12ヶ月をぜひ会場でお楽しみください。10月6日(土)午後には私もギャラリーへ久しぶりに行く予定です!お会いできる方いらしたら嬉しいです。

2019 Art Photography CALENDAR 展

会  期 2018.10.1(月)-30(火) open 11:00-19:00
入場無料 水木休廊日
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1
     phone / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity

▼参加写真家
アキラ・タカウエ / 安斉紗織 / 石島英雄 / 大塩貴文
栗田ゆが / 斎藤朱門 / 坂崎幸之助 / 柴田 祥
宮沢和史 / 藪崎次郎 / 山本謙治 / Giovanni Piliarvu

〇2019 Art Photography CALENDAR
アートフォト界のトップランナー 12人の写真家が綴る珠玉の2019年カレンダー

あと2日間/安斉紗織彩色写真画展『百花繚乱』(〜3/4)

3月に入り横浜ではCP+も開催されてますし、春の陽気で撮影に出かけたくなります。本日はSIGMAのステージでIslandGalleryオーナーの石島英雄氏と写真家の藪崎次郎氏登壇もあります。楽しみですね。

本日も京橋IslandGalleryで開催中の個展『百花繚乱』は会期はあと2日間。沢山の方にご来廊いただいて、ありがたい日々です。

昨晩はTHE ALFEE坂崎幸之助氏のラジオでも個展をご紹介いただいて嬉しかったです。今回は坂崎氏のアイデアイメージから制作をさせていただいた、天使の羽の原画作品『花羽』をメイン展示させていただいております。花々の作品たちが皆様のお越しをお待ちしています。ゆっくりご覧ください。

安斉紗織彩色写真画展『百花繚乱』
2月23日[金]-3月4日[日] 11:00-19:00
入場無料 会期中無休
Island Gallery
東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
協賛 マルマン株式会社 Canson Infinity

個展『百花繚乱』開催しています(〜3/4)

沢山の才能の花々を見せていただき感動した冬季オリンピック。このたびの選手団も同じ「百花繚乱」をテーマに掲げていたと知り、このタイミングでのご縁に嬉しくなりました。

京橋IslandGalleryで開催中の個展『百花繚乱』おかげさまで多くの方にご来廊いただいて嬉しい日々です。あっという間に会期が折り返しとなります。
こちらは選手の演技に心を打たれた時にちょうど制作していた澄んだ青の薔薇。氷上の貴公子のような『氷花』です。

『百花繚乱』

美しさ、和らぎ、祝福を与えてくれる花々。 ひとりひとり、一つ一つ、花開き、 羽ばたいてゆけますように、 想いをこめて絵筆を取りました。安斉紗織

安斉紗織彩色写真画展『百花繚乱』
2月23日[金]-3月4日[日] 11:00-19:00
入場無料 会期中無休
Island Gallery
東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
協賛 マルマン株式会社 Canson Infinity

安斉紗織彩色写真画展『百花繚乱』開催(2/23〜)


美しさ、和らぎ、祝福を与えてくれる花々。 ひとりひとり、一つ一つ、花開き、 羽ばたいてゆけますように、 想いをこめて絵筆を取りました。

安斉紗織彩色写真画展『百花繚乱』
2月23日[金]-3月4日[日] 11:00-19:00
入場無料 会期中無休
Island Gallery
東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
協賛 マルマン株式会社 Canson Infinity

在廊日 2月23日 12:00-15:00(予定)

****

おかげさまで5回目の個展を開催させていただく運びとなりました。ここまでの道のりを応援してくださったお一人お一人のおかげです。ありがとうございます。

心とじっくり向き合う時を過ごし、今までは大きな自然をテーマとしてきましたが、改めて身近な自然へ目を向け制作したのが本展の作品です。
もちろんどちらの作品も使用したのは相棒カメラ、シグマのSIGMA dp Quattroシリーズです。そして紙は私の想いにしっかりと答えてくれる、最高級紙のCanson Infinityです。

初日と可能であれば最終日に在廊の予定です。今回は私の代わりに作品達が皆様のご来廊を楽しみにお待ちしています。

個展『さくら』終了 ありがとうございました

_DQH2895_

おかげ様で9日間のIsland Galleryでの会期を無事に終える事ができました。
ご来廊いただいた皆様、応援してくださった沢山のお一人お一人の力でここまでこれました。ありがとうございます。

Island Galleryのスタッフの心強いサポートも頼りになりました。
左からmikiさんrie店長、スーパーアルバイトのmioちゃん、新スタッフのmizueさんです。そして、Special Thanks は撮影をしてくれたオーナーのHideoIshijimaです!本当に助かりました。ありがとうございます。

こんな素敵なメンバーのIsland Galleryでは今週末から、イタリア人の写真家ジョバンニさんの個展「Isole」が始まります!生まれ故郷イタリアの島々の世界が広がります。島好きな私としては今から楽しみです。

Giovanni Piliarvu 写真展 Isole
会  期 2017年6月16日(金)-25日(日) 11:00-19:00
入場無料 会期中無休
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity

遠い島、古い島。島の風はいにしえの話を語って、岩肌を刻んで波を動かす。
シチリアとサルデーニャの静かな物語が風景の上に舞い降りると、
古代の地中海の薫りが漂う。
その薫りはそこで過ごした瞬間と結ばれている。
その場所は空からの光と色で刻まれている。
その空は地中海の一番大きな二つの島を上から見つめている。
遥か遠い昔から。 / Giovanni Piliarvu