この春の間に、地上から青空へと羽ばたく。

この春の間に、雑木林で出会ったあおむし達。
最初の頃はあちこちをせっせと歩いていたのに、
気がつけばしっかりとした土台を見つけて蛹となり、
羽化し、白い蝶々となっていた。
緑の木々の空高くを舞う姿を見て、
あぁ自由に羽ばたけてよかったなと思った。

2020年春の人間の世界がどうであろうと、
虫たち、鳥たちは忙しそうに日々を過ごし、
ここにはここの時間が流れている。
振り返ると、この事がここ数カ月間の私に力をくれたように思う。

そういえば、写真家・星野道夫さんの本にも同じような言葉があったような、と思い出して調べてみたら。。
なんと!先日出演させていただいたBayfm『ザ・フリントストーン』の記事に辿りつきました。こんな偶然があるのねと、嬉しくなりました。学生の頃から憧れの星野さんが22年前にご出演された番組に私も出させていただいたなんて、またさらに夢のようです。ありがとうございます。

▼写真家「星野道夫」没後20年特別編~あなたは星野道夫を知っていますか?~https://www.bayfm.co.jp/flint/f20161022.html

先週の土曜日にラジオ番組『ザ・フリントストーン』にゲスト出演させていただきました。ナビゲーターの小尾渚沙さんの心地よい声に導かれ、彩色写真画について、私の島旅など沢山お話をさせていただきました。改めて聴くと、ああもっと上手くお話できたらなど思うところはありますが。。。せっかくいただいた貴重な機会なので、ぜひ聴いていただければ嬉しいです。radikoタイムフリーで5月23日(土)より1週間以内、出演回をお聴きいただけます。

●radiko 『ザ・フリントストーン』5/23放送分
http://radiko.jp/#!/ts/BAYFM78/20200523180000

番組サイトからはトーク内容を作品共にご覧いただけます。

●彩色写真の幻想的な世界 ~モノクロ写真に絵筆で想いをのせる~
https://www.bayfm.co.jp/program/flint/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です