カンボジア、ベトナム旅より帰ってきました。

アンコールワットより

「一生に一度はアンコールワットを見てみたい」十数年前からの夢を叶えるべく、カンボジア、そしてお隣のベトナムを旅してきました。

おかげ様で4回目の個展を無事に終え、一週間後。成田空港からベトナムのハノイ経由、アンコールワットのあるカンボジアのシェムリアップに一日がかりで到着。

ついた瞬間から衝撃的な世界に引き込まれました。荷物を沢山載せたトラックとトゥクトゥクが行き交う赤土の道。道端の屋台に集まる人々、自由な野良犬たち、一つのバイクに乗り込む四人家族。そして、楽しそうに走り回って遊ぶ子どもたち。籠売りを見た時には、まるで私が大切にしてる明治時代の籠売りの彩色写真のポストカードそのままで昔の日本にタイムスリップしたようでした。ここまで、まだ到着後30分の出来事。。。よいことも悪いことも含め、なぜか色んなことが起こり一日がまるで一週間のように感じる濃い旅でした。

まだうまく言葉にならないけど、大きな刺激を受けて価値観が広がったように感じます。これからの人生を生きる上で良い旅だったのは間違いありません。まず私の今置かれているこの環境が奇跡だと感じます。お腹いっぱいご飯が食べれられていること、水がそのまま飲めること、自由に勉強ができ仕事を選べること、心安らぐ家があること。。私はもう十分に幸せで満たされていることに気が付きました。

アンコールワットが見たくて行ったけど、カンボジア、ベトナム、それぞれのその地に生きる人たちと出会えてよかったです。10代の頃だったらまた違った人生だったかもしれないけど、きっとこのタイミングが良かったんじゃないかなと思います。沢山いただいたものをこれからの人生で循環させて行きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です