The view from the developing / 途上からの眺め

スペインのセビリアにある、ヒラルダの塔から見えるセビリア大聖堂。98メートルの高さがあるヒラルダの塔の頂上から街が一望できるという話を聞いて登ってみました。狭く、薄暗い、ゆるい坂道をひたすらぐるぐると登っていると、まるで人生をたどっているような感覚になりました。長い人生の途上からの眺めを楽しめるようにか、時々こんな風に窓がありました。

久しぶりに、私の大好きな写真家・星野道夫さんの言葉を思い出しました。
「きっと、人はいつも、それぞれの光を捜し求める長い旅の途上なのだ―。」

+SIGMA DP1 Merrill

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>