World that appears in the light / 光で現れる世界

こんばんは。九州で撮影してきた写真の現像が楽しくてついつい夜更かししてしまいます。さて、こちらは旧門司税関で撮影しました。白と黒だけで構成された写真の現像をしていると、カメラは光を取り込んで世界を写しとっているのだという基本を思い出します。

写真史の授業でスライドで見た「世界で最初の写真」が印象的でした。確かすごい長い時間露光して撮影をしたのだとか。。。記憶を辿って調べてみたらフランス人発明家ジョゼフ・ニセフォール・ニエプスのものだったようです。景色を写し取ることができた時、それは驚いただろうな。

ところで、嬉しい事にSIGMAさんの公式Facebookページ「シグマ・Foveonスクウェア」にて伊勢神宮で撮影した写真「Greetings morning of God / 神さまからの朝のご挨拶」をご紹介頂きました♪これを励みに、より素敵に世界を切り取れるように精進したいです。

+SIGMA DP2 Merrill
+北九州 旧門司税関

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です