Sakura tipsy / ほろ酔い桜

こんばんは。東京の桜は3月末のつかの間の暖かさの中であっという間に咲き、そして本日の雨で桜祭りの幕が下りたようです。私はあと何回この桜を見られるんだろう。星野道夫さんの本にそんなような事が書いてあった気がしてふと考えてみれば、一年に一度の出会いだったら、人生で桜と出会える数はだいぶ限られてるのですね。

桜に一番最初にえらく感動した記憶は、修学旅行で訪れた奈良だったように思います。早朝に起きて散歩したお寺で見た朝日を浴びて輝く大きな桜、そしてどこかの駐車場から見た山の一面に散らばるピンクの桜の木々。あれはよく考えてみると吉野だったのかな。夢のような世界。。。

ちょうど昨年から、Island Soundの為の自然音の録音で吉野へ通っています。まだタイミングが合わず、満開の桜の世界を見る事はできていないのですが、今年は見れるかしら?今はまだ上千本がようやく開花し、だいたいが三分咲きのようです。さて、こちらは、先日ご紹介した唐津の中里太郎右衛門の陶房で手に入れたぐい呑みと桜のお酒です。美味しく頂いちゃいました♪ 器の撮影をしてみて、もっと勉強が必要だなと今回感じました。近頃素敵な器を少しづつ手に入れているので、その撮影も上手くできるようになりたいな。

+SAIGMA DP3 Merrill

+さおたんのしっぽ「Invitation to Pottery / 中里太郎右衛門陶房への誘い」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>