桃の花で天然カラーセラピー Natural peach color therapy 

好きな色「桃色」服もペンもカバンも。。。うっかりすると全部この色になってしまうので注意が必要なほど大好きなので、まさにそのまんまの色をまとっている桃の花々を見ているだけで幸せな気分になってきます。
 
こちらは奈良の宇陀市にある有名な滝桜・又兵衛桜を見に行った際に撮影した写真で、時既に遅しで桜はほとんど散っていたのですが、ラッキーな事にすぐお隣の桃の花がちょうど満開で堪能してきました。

きっと人にはそれぞれ、パワーを与えてくれる色があるんだろうな。自然の中から元気をもらう。これぞまさに天然カラーセラピーだわ。
 
 

▼さおたんのしっぽ
+人生の100のリストの一つ、憧れの奈良・長谷寺へお参り。
+世の中はなんて美しいんだろう。。SIGMA DP1xの魅力にすっかりはまる。
+再び!桜で有名な吉野山奥千本へ挑戦してきました。

▼ひでおちゃんねる
+Stars and Clouds and Cherry Matabe / 雲と星と又兵衛桜
+Corridor of Hase-dera Temple / 長谷寺の登廊
+Mt Yoshino Storm is Gone / 荒天去った吉野山

▼Island Sound
+八重山 ~神々が集う場所~
+出羽三山 ~神さまの通り道~

「桃の花で天然カラーセラピー Natural peach color therapy 」への2件のフィードバック

  1. 桃色はわかりませんが、桜色は桜の花を使って染めてもオレンジ色かベージュ色にしか染まらないので、「桜染め」といわれる技法は桜の枝を煮出して
    染めるそうですよ。
    タレントの伊集院光さんは日本人の美意識では、桜の散りゆくはかなさ
    だけではなくて、桜が咲く前の蕾(つぼみ)の段階や可能態としての花を
    愛でるような美意識がその「桜染め」に象徴されている…といようなこと
    を以前言っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>