光溢れる世界

 
三寒四温の日々。春が待ち遠しい今日この頃です。
さて、本日はお休みだったので、眼科へ行ってきました。ここ最近目が見えづらい感じがしてたので、久しぶりに裸眼で測ってみたら測定表の一番上しか見えなくなっててショック!あんなに小さな文字の下の方まで普通に見えてたのが奇跡のように感じます。
 
という事で、コンタクトの度数を強くしたらあら不思議、よく見えるだけでなく世界が光輝いて眩しいくらいなのです。世の中ってこんなんだっけ?となんだか違う世界へ来てしまったような新鮮な気さえします。すれ違う人の顔もよく見えて、地元を歩いてみたら小さい頃からよくすれ違う懐かしい人の顔が認識できました。。。あれ、どれだけ見えてなかったんだろう。明日から少し違う世界が始まりそうです。

そういえば、田中長徳先生のモノクロ写真を見ていると光を感じます。その強力な光によって引き出される闇がまた美しいのです。絵も基本で叩き込まれるのは光についてだったな。色も光があるから認識できるわけだし。。。太陽はアートにも影響を与え、それだけでなく生命の源ですもんね、すごい存在だな。
 

「光溢れる世界」への2件のフィードバック

  1. 視力が快復すると、こころの眼も開くのですね。
    眼科に行ってこよっと!

  2. hitoshiwさん

    コメントありがとうございます。
    眼科オススメです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です