明治神宮の森にて、写真家・高砂淳二「いとしの海へ」開催

暑さの厳しい日が続いていますが皆様いかがお過ごしでしょうか。この夏、私はほとんど「海森彩生umimorisaisei写真展」に没頭しています。9月末までの会期なので、そろそろ折り返し地点になりやっと少し?余裕が出てきたような気がします。この写真展を開催している明治神宮は緑の森に囲まれているので、街中より少し涼しく感じます。都会にももっと木陰があったらいいのになと思います。

さて、来週から大人気の自然写真家・高砂淳二さんの展示が始まります。ハワイの夜の虹を撮影した「Night Rainbow」や水中写真で有名なカメラマンです。今回は南の島にあつまる、魚や鳥などの心地良い写真の数々。まるで高砂さんが動物と会話をしながら撮影したかのような写真に心があたたまります。ご本人もとてもあたたかく素敵な方です。ミュージアムトークも8月21日(日)に開催します。いや~楽しみっ♪

▼海森彩生(うみもりさいせい)写真展 / 明治神宮文化館 宝物展示室 
http://umimori.com/

◯現在◯
ゲスト写真家 かわむつ先生こと渡辺昌和 ~8/16
「150年の歴史をもつ川口簗場~中越地震 震度7からの再生」

◯NEXT◯
ゲスト写真家 高砂淳二 8/17~23
「いとしの海へ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です