紅葉が迎えてくれた、心のふるさと、お伊勢さん。

伊勢の紅

伊勢、奈良、京都と旅をして帰って参りました。お天気にも恵まれて、沢山歩いて撮影もして、美味しいものもいただいてパワーアップしたように感じます。この黄金トライアングルは心のふるさとの一つです。

特に印象的だったのは、早朝に伊勢神宮の五十鈴川についたときの事です。朝陽を浴びたこの紅葉が両腕を広げて優しく迎えてくれているようで、感謝の気持ちでいっぱいになりました。ありがたいです。

さて世の中ではSIGMA sd Quattro H の発売日も決まってSIGMA祭りが始まっていますね♪すっかりシグマファンの私は嬉しくなってしまいます。こちらはdp3 Quattroで撮影をしました。実際にその場にいるかのような、この空気感を出せるのはこのカメラしかないと思います。シグマのカメラと出会えて日本各地を一緒に旅する事ができて幸せです。

+SIGMA dp3 Quattro

やっぱり、芸術の秋が好きみたい。

ひんやりとした風と、銀杏の匂いと、秋の雲を見ると中学、高校の学園祭を思い出します。女子美術大学の付属校だったので、学園祭を女子美祭と呼び日頃の制作発表をする特別な機会でした。開催の一週間前から授業を休みにして、朝から晩までクラスの出し物を制作したり、絵画室を急遽ギャラリーにして作品を展示したり、10年間の女子美生の間で秋は特にどっぷりと芸術に浸かる季節でした。今から思うとなんて贅沢な時間だったんだろう!!と思います。当日は家族や祖母も見に来てくれたり、嬉しいような照れてしまうような気持ちでした。

大人になった今もギャラリーの展示をしたり、制作をしたり、私って10代の頃から基本的に同じ事してるなと笑ってしまいます。あの時の嬉しさからきっと今も自分の展覧会をやってるのかもしれません。

昨日はIsland Galleryで週末から始まる写真家・大塩貴文さんの展示を手伝っていました。愛嬌ある小鳥たちの50点ほどの作品と、鳥たちの気配を感じる日本各地の自然の作品がギャラリーを優しい雰囲気に包んでいました。作家の発表の場は、見てくださる方がいて完成だと思います。明日から沢山の方に見にきてもらえたら私も嬉しいです。12日(土)のレセプションに私も参加予定です。

kikoetekuru_dm
大塩貴文 写真展 / 聴こえてくる声
11月11日[金]-20日[日] 11:00-19:00 入場無料 会期中無休
Island Gallery
東京都中央区京橋1-5-5 B1

オープニングレセプション
11月12日[土] 18:00 start
参加自由 入場無料
持ち込み、差し入れ大歓迎です。

映画『地球交響曲』第1番~第8番上映中!/東京都写真美術館

私の大尊敬する染織作家の石垣昭子さんと龍村仁監督の講演会を聞きに、リニューアルされた東京都写真美術館へ行ってきました。かぞえで80歳とは思えないお二人のパワーに圧倒されました。憧れの素敵なアーチストです。

そして久しぶりに映画『地球交響曲・第5番』を見ました。テーマは「全ての存在は繋がっている」まさに今の私にぴったり!!!上映会を開催した学生の時のことを思い出したりしながらも、当時とはまた違ったシーンや言葉が心に響いてきました。あれからもう10年以上経って、私少しは大人になったのかもしれない。何度見てもその時の状況に合わせた気付きがある不思議な映画です。ダライ・ラマ法王、佐藤初女さんが出演してる第二番や、星野道夫さんが出演している第三番も見返したくなりました。10月16日まで、第一番~第八番まで連続上映をしているので、ちょっと気になった方にはぜひこの機会に見てみてくださいね

オススメは第四番が上映される来週末!!!沖縄から名嘉睦稔さんも講演会にいらっしゃいます。私も行く予定で今から楽しみです。

■映画「地球交響曲第四番」上映
 
日程:10月9日(日) 13:00~
前売り 1,300円 / 当日 1,500円

■特別プログラム「トークショー 龍村仁監督×木版画家・名嘉睦稔」
日程:10月9日(日) 15:40~ ※要予約
日時指定券 1,000円 

会場:東京都写真美術館ホール

※龍村仁事務所Webサイトより詳細をご覧ください。
補足ですが、トークイベントだけの参加も可能です。それぞれ全席指定のため、第四番の上映を見てそのままトークを聞くという事も可能ですが、一旦映画を見終わったあとに外へ出て、改めてトークショーのチケットで入るという事になります。

映画『地球交響曲』第1番~第8番上映中!/東京都写真美術館

今回あらためて、彩色写真画家という作家になった原点はここだと思いました。この映画に19歳の頃に出会ったからこそ、勇気をもらい自分の憧れだった道を少しづつ進んでくる事ができました。感謝の気持ちでいっぱいです。

大作制作を終えて、次の旅路へ。

_p2q2042
9月は大作と向き合う日々を送り、気が付いたら夏が秋になっていました。おかげ様で様々な方の力をお借りして、無事に作品を送り出す事ができました。ほっと一息。あとは運を天にまかせます。

10月にはもう一つ大きな作品へ挑戦する予定ですが、アトリエに篭ってばかりだったので撮影にでかけたいモードになってきました。私の場合はまず写真を撮りそれを元に彩色を施していく制作スタイルなので、外に出るのと篭もる期間と両方あるのが自分に合っているようです。

まるで土を耕して、種を植えて、収穫をする。この繰り返しのような作品制作の日々で少しでも多く佳き実りを手にできたらいいなと思います。

大作に挑戦!臨時アトリエからこんにちは。

_p2q4195

こんな素敵なアトリエが憧れです。
80号ほどの大きな作品の制作のために、エプソンのプリントラボへとやって来ました。整理整頓された気持ちのいい空間です。今まで様々な作家さんが制作をしている場所なんだなと思いを馳せると、ここは制作のためのパワースポットのように感じます。

_p2q4180

これからしばし向き合う相手との初対面。
SIGMA dp1 Quattroで撮影したので、このサイズでもしっかりと見応えがあります。

_p2q4198

いざ!
これから自分のアトリエへ戻り彩色を施します。初めての大作、嬉しい気持ちと、緊張する気持ちとまざっていますが、ここまできたらあとは前に進むのみです。ちょうど色々な方とお会いする機会が重なったので沢山のパワーをいただきました!ありがとうございます。いいものができそうです。

Special thanks☆彡
石島 英雄 (Hideo Ishijima)

アート・写真・映像・地球に興味があります。I'm Saori. I live in Tokyo.